鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻尖形成術のデメリット3つのまとめ

鼻尖形成術は美容整形手術の1つで主に鼻の大きさにコンプレックスを持つ方が自身の鼻の大きさを縮小させる為に行う物でその用途から鼻尖縮小術とも呼ばれています。

この鼻尖形成術に掛かる費用は約30万~40万程であり、決して高い物ではありません。

しかし鼻の大きさは外見に大きな影響を齎す為にこの手術を利用する人は後を絶ちません。

しかし当然の事ながら鼻尖形成術には幾つかのデメリットやリスクがあるのです。今回はそれについて説明していきます。

鼻尖形成術のデメリット

オープン法とクローズ法

まず代表的なデメリットは鼻尖形成術の方法であるオープン法とクローズ法に関する物です。元々鼻尖形成術は鼻を切開して行う整形手術で、オープン法は鼻の表面の皮膚をクローズ法は逆に鼻の穴の中から切開していく方法となります。

しかしオープン法は手術を行う担当医にとっては視野が広くなるので鼻の状態を正確に把握しながら手術を行う事が出来るというメリットがある一方で数ヶ月の間外から見える場所に傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。

逆にクローズ法には手術の傷跡が外から見えないというメリットがある一方で担当医の視界が狭くなる為に難易度が高くなってしまうというリスクがあります。

清潔なクリニックを選ぶ

また衛生面が整っていないクリニックで受けると感染してしまうというデメリットもあるので出来るだけ清潔なクリニックを選ぶようにしましょう。

尚仮に手術に成功したとしても受けた結果、鼻先が上がり過ぎてしまったという他にpolly beak変形という横から見たときに鼻先が妙に尖出している状態の鼻になってしまった等々手術を受ける側の思い通りの結果にならなかったという事態も多く、且つ1度手術を行うと手術跡が硬化してしまい修正が難しくなってしまう為に医者と患者側とでトラブルが大変起こりやすい手術となっています。

【鼻尖形成術】美容整形のデメリット:ピンチノーズになってしまったら【まとめ】

鼻をつままれた様な異様な変形が起きる。

鼻尖形成術では、鼻先をほっそりさせ欧米人の様に高い理想的な鼻になる事ができる施術方法です。鼻尖形成をひとつとっても様々な施術方法がありますが、それぞれにリスクは付き物です。

その中の失敗例にピンチノーズと呼ばれるものがあり、洗濯バサミなどで鼻をつままれた様な形になる事があります。原因としては、団子鼻の様に大きい鼻を小さくする鼻尖縮小で強引に縛り付ける事をすれば起こり得ます。

鳥のくちばしの様な形の鼻になるリスク

鼻尖形成術では、鼻の形を整える為に自分の耳にある軟骨を移植して行います。軟骨の大きさや移植する部分を変える事で、理想の形の鼻を手に入れる事ができます。

しかし、医師の技術が不足していたりすると、オウムのくちばしの様な不自然な鼻の形になる事があります。この状態をポリービーク(PollyBeak)と呼び代表的な失敗例です。前からも横からも見た目が悪く、魔女の様な鼻は顔全体の印象を変えてしまいます。

鼻を圧迫されたような違和感が出る事もある

鼻尖形成術では、団子鼻・豚鼻などが改善されて鼻先が尖った様に整形できるのが魅力です。術後は強い腫れと鼻先の圧迫を伴う事があり、強い痛みが生じる事もあります。手術が成功か失敗かは時間の経過で症状を確認する必要があります。

もしも、術後の違和感は2週間程度で無くなりますが圧迫感や腫れが中々取れない場合は、素早く医師に相談をして対処してもらう事が重要です。後遺症を残さない為にも高い技術力のある医師の選択が重要です。

当相談所で名医と呼ばれる方を紹介してもらう事がおすすめ

この様にデメリットが多い上に費用も大変高価なので手術を受ける側は最初の1回目の手術で成功する様に良い担当医を目利きして選んでいかなければならないのです。

鼻尖形成術が失敗すれば、精神面でも肉体面でも大きなダメージとなります。

修正手術が必要となれば尚更、大きな負担となり大変です。手術前にはしっかりとリスクについて説明を受けて、万が一の際にはどうするのか取り決めをし、納得してから施術を受ける事が大切です。

医師は自分で探すよりも、信頼や技術・知識がある名医やクリニックを美容整形の相談所を活用して慎重に選ぶ事を強くお勧めします。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*