鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻孔縁挙上術のデメリット3つの解説

鼻孔縁挙上術とは、鼻孔縁の組織の一部を切除する手術で、それを行う事によって鼻孔縁を挙げる効果を期待するものです。

鼻の形に対してのコンプレックスを抱いている人は少なくありませんが、その中でも鼻の穴がかぶさって重く見えてしまう人に適している手術方法となっていて、鼻孔縁を切り取る事によって鼻の穴の形を綺麗な形に整えつつ、すっきりとした鼻にする事が出来ます。

勿論鼻の穴が目立ってしまう事もないので、自分の理想の鼻に近づける事も決して不可能ではありません。

その手術を行う事によって、鼻のサイズを変化させる事無く顔の印象を変える事も可能です。

鼻孔縁挙上術のデメリット

デメリットについて

ただ魅力的な手術方法に見えますが、実際にはデメリットも存在しています。
その大きな物の一つが、鼻の穴の形が不自然な形になってしまう可能性があると言う事です。

鼻孔縁挙上術は鼻孔縁の組織を切除する事によって鼻の穴を形成しますが、医師の技術によってはあまり良くない仕上がりになってしまう可能性は十分あります。

時には形が崩れてしまうだけでなく、左右非対称になってしまう場合もあり、その場合は新たな悩みに発展してしまう事も決して珍しくありません。

もう一つは傷跡が残る可能性があると言う事です。

基本的に鼻孔縁挙上術の場合は傷跡が目立たないように手術を行いますが、医師の技術によっては切除した跡などが残ってしまう場合もあります。

また縫合の跡などが残る事もあり、メイクで隠す事が出来ればまだ良いのですが、なかなか隠せない場合もあるので注意が必要です。

この様に、鼻孔縁挙上術と言うのはとても魅力的な手術方法に見え、さらに現在でも多くの人がこの手術を1年間に受けています。

しかし実際には100%成功すると言う訳ではなく、時には失敗してしまう可能性もあると言う事を知っておきましょう。

出来るだけデメリットを感じない為にも、まずは鼻孔縁挙上術について良く理解しておく事と、高い技術を持っている医師に執刀してもらう事が重要です。

鼻孔縁挙上術で感染するなんて!手術に失敗したときのデメリット

傷跡からの「感染」デメリットについて。

鼻孔縁挙上術の手術において注意したいのが「感染」のデメリットです。
「感染」は手術時の衛生状態によって起こるデメリットでもあります。

美容整形手術も、皮膚の切開を行う手術の一つです。

手術時に使用する器具の衛生管理や、手術後の傷跡のケアがしっかりと行われなかった場合に、リスクが高まります。

クリニックの衛生管理の状態や、手術後のケアについてもしっかりと調べておくと、安心できるでしょう。

手術による「豚鼻」デメリットについて

鼻孔縁挙上術は、鼻の美容整形手術の一つです。
鼻孔縁が下がってしまっている人にとって、効果を発揮する手術です。
しかし、バランスを見ながら手術を行わないと、手術によって豚鼻になるというデメリットがあります。

手術によって鼻孔縁が上がりすぎてしまうことが原因になります。
カウンセリング時に希望している仕上がりのイメージをきちんと伝えて、医師の正しい判断と技術力が必要となります。

「効果が無い」デメリットについて

鼻孔縁挙上術をおこなっても効果がないという人もいます。
効果を感じることが出来ない原因としては、医師の技術力が未熟であることが考えられます。

他の部位に対して、きちんとバランスを考えて手術を行わないと、効果が感じられなかったり、もともとの鼻の形に合わせて、正しい手術方法を選択することが大切です。

効果が無い場合には、再手術や他の方法での手術をする必要があるので、身体にも経済的にも負担が増加します。

名医による手術で安心できる仕上がりに

鼻孔縁挙上術だけでなく、美容整形手術では医師の技術力によって仕上がりの状態に差が出ることがあります。

失敗のリスクも、名医による手術であれば、回避することが出来るケースもあります。

手術費用の安さだけでクリニックの選択をしてしまうと、衛生管理がしっかりとされていなかったい、アフターフォローがされないというケースもあるので、費用だけでなくクリニックの口コミなどもチェックしておきましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*