鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻孔縁形成の失敗3つと修正手術

鼻孔縁形成は、小鼻の縁が上がり気味の場合や、下がり気味で鼻の穴が目立つ場合など、正面や側面から見た際に、鼻の穴がはっきりと切れ込んでいるように見えてしまう場合などに効果的な施術法です。

鏡を見た際に自分の鼻の穴が気になったり、人と話していても鼻の穴が気になって正面を向くことに抵抗やコンプレックスがある場合に良い施術法です。

鼻孔縁形成の施術は鼻孔縁の皮膚が足りない場合は、耳の軟骨などで補い、鼻孔縁が下がっていて皮膚が厚い場合には皮膚の一部を施術することがあります。

また、一種類の組織だけではなく、複合した組織を移植することがあり、複合した組織を移植する場合は必ず鼻孔縁の裏側に挿入します。鼻腔内に挿入する複合した組織の位置で、鼻孔縁形成の失敗と成功が大きく分かれることになります。

患者様は綺麗な鼻の穴の形にしたいからと言って鼻孔縁形成を行いますが、手術自体は100%成功すると言う訳ではありません。

医師の技術にもその成功率は左右される事が多く、時には失敗してしまう事もあります。

では鼻孔縁形成を行う上での失敗とはどういう物なのでしょうか。

鼻孔縁形成の失敗

トラブルを避けるには事前のカウンセリングが大切

鼻孔縁形成は鼻孔の左右差、鼻づまりなどトラブルやリスクもあり得ます。

鼻は数ミリのことで顔の印象も変わることもあるため、トラブルやリスクなどを避けるためにも、事前のカウンセリングなどで経験豊富で高度な技術がある医師や病院を見極めることも鼻孔縁形成を成功させるためには必要なことです。

上手な医師・クリニックの特徴

鼻孔縁形成による修正が上手な医師の特徴としては、施術経験が豊富であるということです。鼻孔縁形成は外科的な施術となるため、一般的な美容整形クリニックではあまり行われません。

そのため、施術経験が豊富な医師は限られることになります。

施術経験があまりない医師は施術に失敗する可能性も高くなりますし、所属するクリニックに十分な設備が無い場合もあります。

そのため、施術経験が豊富な医師は、経験を多く積んでいると考えられることから、鼻孔縁形成が上手な医師であると言うことができます。

鼻孔縁形成による修正が上手な医師はカウンセリングを欠かすことはありません。

事前のカウンセリングによって患者さんの意向を確認することになるので、カウンセリングを欠かしては患者さんがどのような鼻のかたちにしたいかがわからなくなってしまうからです。

上手な医師はしっかりとカウンセリングを行い、鼻孔縁形成のメリットだけではなくデメリットについてもしっかりと説明してくれます。

施術の経験がないと、メリットについては説明できてもデメリットについては説明することはできません。そのため、カウンセリングの際にデメリットまで説明してくれる医師は上手な医師であると言うことができます。

鼻孔縁形成の修正

失敗してしまう要素

まず一つは、鼻の穴の形が左右で違うと言う事です。

人間の顔は基本的に左右非対称となっているので、決して鼻の穴の形に関しても左右同じと言う訳ではありません。

しかしその形が明らかに違っていると言う事が起こり得ます。

例えば右側は小さく、左側は大きいと言った状態です。

他の人から見ても分かるくらいの差がある場合は、鼻の穴が顔の正面から見ても分からなくなったとしても失敗だと言わざるをえません。

もう一つは鼻の穴の形がぼこぼことしてしまうと言う事です。

形自体はそれ程左右で差が無いのですが、挿入した軟骨によって鼻の穴の形自体が変な形になってしまうと言う可能性はゼロではありません。

この場合は軟骨を取り除けば形を修正する事は可能ですが、身体的にも精神的にも負担がかかってしまう事もあるので注意が必要です。

また傷跡が残ってしまうとか、手術の後からしびれがある、鼻を動かす事が出来ないと言う後遺症を感じてしまう可能性も決してないわけではありません。

勿論見た目としては鼻の穴が見えなくなったので一応成功とも言えますが、その後の生活に支障をきたしてしまうと言うのは決して成功とはいえないと言って良いでしょう。

鼻孔縁形成の失敗

鼻孔縁形成の失敗として可能性のある「鼻づまり」とは?

鼻づまりが起きて苦しい状態が続く場合には医師と相談することをオススメいたします。

それから、手術した後に鼻づまりを引き起こすこともあります。これは、鼻腔内に挿入する複合した組織の位置が少しずれてしまうことによって起こりやすくなります。具体的には片方の鼻の孔では普通に呼吸できるのに、もう片方の鼻はあまり呼吸できず鼻が詰まったような状態が続きます。

この場合は修正手術を必要とする場合もあります。6か月たっても改善されない場合には、医師と相談しておいたほうが良いでしょう。

鼻孔の左右差ができる場合の対象法について

鼻孔縁形成の手術による失敗例については、鼻孔の左右差が生じてしまうことがあります。これは、手術においては組織移植を行うことにより縁の部分をつくっていきますが組織の生着が悪くなるとそうなるリスクが高くなってしまいます。

こうした鼻孔の左右差を修正する手術を行うことは可能な場合と残念ながらしづらい場合があります。できるだけ組織が落ち着く前に修正手術を行ったほうが治しやすいといえます。

鼻先が硬くなる状態は月日が経てばだいぶ落ち着きます

次に、手術した後に鼻先が硬くなることも考えられます。これは、鼻孔縁形成手術では移植部については皮膚の軟骨を移植して行います。そのため、手術前の鼻よりもどうしても若干鼻が硬く、また厚くなってしまいます。

手術した後には個人差はありますが鼻が例外なく腫れてしまいますので、余計に硬い鼻のように感じられます。ただ、この状態はある程度手術から時間が経過することでだいぶ落ち着いてきますのでそこまで気にすることはないでしょう。

できるだけ名医のいる病院を選ぶことが大切です

こうした様々なトラブルを引き起こさないようにするには、ドクター選びが大切といえます。

この手術ではドクターの豊富な技術と知識・経験が左右されやすいという点で所要時間がそこまでかかるわけではありませんが、かなりデリケートな手術といえます。組織が数ミリずれただけで、手術が成功するか失敗するかが決まるためです。

ですので、できるだけ名医と呼ばれる医師による手術を受けたほうが失敗を防ぎやすくなるといえます。

鼻孔縁形成の修正

手術を多く行っている評判の良い医師に執刀してもらうことが重要

この様に、鼻孔縁形成と言うのは比較的行う人が多い手術方法とはなっていますが、実際には失敗する可能性があると言う事を知っておきましょう。

またその失敗例は見た目で分かる物もありますが、そうではなく本人が不快感を感じてしまうだけと言う事もあります。
実際に鼻孔縁形成を行う場合はこのような可能性があると言う事を十分考え、出来るだけ鼻孔縁形成の手術自体を多く行っている評判の良い医師に執刀してもらうと言うのが重要となります。

評判の良い鼻孔縁形成が受けられるクリニックのご紹介

鼻の大きさや高さはそれほど気にしていないのに、鼻の穴が正面から見ると大きく開いているように目立ったり横顔を見たときに鼻の縁が歪んでいたり切れているように見えるなど不満があるときには鼻孔縁形成を受けることで理想的なラインを作って鼻の穴を目立たないようにしたり均一でバランスのよい鼻孔縁にすることができます。

定評がある美容外科では、鼻の手術を数多く行っているので患者の鼻のタイプに合わせて美しい理想の顔立ちになれます。鼻孔縁形成は手術をする範囲はわずかですが細かい作業が要求されるため担当する医者の腕の良さが問われます。

鼻の軟骨や組織はデリケートで、鼻孔の内部からメスを入れて手術をするので周辺のほかの神経や筋肉を傷つけたりせず軟骨をしっかりと結合させる技術も必要です。口コミで評判のいいクリニックならカウンセリングからアフターケアまで一貫して質の高い施術を受けられます。

鼻孔縁形成を受けるなら、安い美容外科なら20~30万円で両方の鼻孔縁を手術できます。麻酔をするための事前検査や術後に装着するギプス、抜糸などさまざまな追加料金が別途でかかることもあるのでトータルの値段は10万円くらいプラスして考えておいたほうが確実です。

鼻孔縁と同時に鼻先を上げ下げしたり高さを調節する手術を受ける人も多いので、併用すると更に同じくらいの料金がかかって60~70万円の出費になることもあります。

施術をする範囲が狭い手術ですが鼻の穴の大きさが左右で変わってしまったり、縁のラインが歪んででこぼこになってしまうような失敗もあるのであまりにも値段が安いクリニックや施術経験の浅い病院で受けるときには評判を確認してから決めましょう。

鼻孔縁形成はわずかな軟骨の移植だけで大きな効果が得られる手術ですが、デリケートな作業で完全に回復するまで時間がかかるので、術後も検診が受けられる病院など安心できる医療機関で受けるのがおすすめです。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

鼻孔縁形成による修正は鼻のかたちをすることができるため非常に効果的な施術です。しかし、鼻孔縁形成による修正は、医師の技術力が確かでないと失敗する可能性が高く信頼できる医師に施術を任せることが大切です。

鼻孔縁形成は外科的な施術であることから、医師のデザイン力と技術力が求められます。そのため、設備が整ったクリニックに所属する技術力の確かな医師に施術を任せる必要があります。

上手な医師は、事前のカウンセリングをしっかりと行ってくれますし、メリットだけではなくデメリットについても説明してくれます。

カウンセリングによって患者さんの意向にしっかり耳を傾け、しっかりと施術の計画を提案してくれるのが上手な医師です。

デメリットを上回る効果を得ることができる場合にのみ、上手な医師は施術を提案するので、面倒なセールスなどを受けることもなく、施術についてしっかりと理解した上で施術を受けることができるので安心です。

当相談所では、おすすめのクリニックに所属する名医を紹介をしております。

鼻孔縁形成に関して技術力の確かな医師をご紹介致します。患者様が安心して施術を受けることができるようサポートさせていただきますので、まずはお気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*