鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻孔縁形成の名医

鼻の穴が目立って気になる方は、鼻孔縁形成を行なうことで解消することができます。鼻の穴が目立つ原因には、小鼻の縁が上がり気味の場合や、下がり気味が考えられます。鼻孔縁の皮膚が足りない部分には、耳介軟骨などで補う手術を行い、鼻孔縁が下がっている場合には、皮膚が一部厚くなっていることが考えられるため、皮膚の一部を切除します。鼻孔縁形成術のメリットは、鼻の穴を目立たなくすることで、優しい印象を与えることができます。リスクとしては、鼻の穴が小さくなりすぎてしまう場合があります。

鼻孔縁形成の名医

費用・麻酔について

鼻孔縁形成術の費用は、相場で50万円前後です。局所麻酔の料金も含まれた費用ですが、静脈麻酔をする場合には別途料金がかかるのが通常です。痛みもなく、リラックスして手術にのぞむことができます。麻酔にはさまざまな種類があり、表面に塗るクリーム状のものや、笑気ガス麻酔、全身麻酔、硬膜外麻酔などです。鼻孔縁形成術だけでなく、他の部位の手術を同時に行なう際は、麻酔を幾つか組み合わせて行ないます。事前にどのような種類のものを使用するのか等、きちんと説明を聞いておくことをオススメします。さまざまなクリニックで鼻孔縁形成術は行なっていますが、名医の探し方は、鼻の穴が目立って大きいわけではないのに、鼻の穴が目立つという状態の相談をした際に、小鼻縮小の治療を診断された場合です。学会研究を行なっている名医を探しましょう。

希望通りの仕上がりにする鼻孔縁形成術ができる名医を探すことが大切

軟骨を挿入する場合には、挿入した軟骨の半分程を下に下げることになるため、デザインをしっかり決めて挿入することが大切です。希望通りの仕上がりにする鼻孔縁形成術ができる名医を探すことが大切です。鼻孔縁形成術後の腫れは、およそ2週間前後でひいていきます。数日間はギブスをして固定し、一週間前後は安静にすることが求められます。ダウンタイム期に痛みがでた場合には、冷えたタオルやアイスパックなどで冷やします。また、クリニックで痛み止めを処方する場合もあります。

 

鼻孔縁形成の名医

東京で鼻孔縁形成を行っている評判の良いクリニックとは

鼻の穴が目立つ人は、鼻孔縁の表と裏の皮膚が十分にない傾向があります。鼻孔縁形成は、鼻孔縁の裏に移植手術を行うことで、上向きになっている鼻孔縁を下に引き下げ、鼻の穴を目立たなくさせます。移植は、耳の軟骨などが使われます。また、逆に鼻孔縁が下向きになっている場合は、切除手術を行うことで、すっきりとした鼻の形に整えます。

東京で鼻孔縁形成の整形手術を行っている医療機関には、大学病院などの形成外科医などで構成されている権威ある学会が認定した専門医がいることもあります。また、丁寧なカウンセリングを行うことで、患者さんの不安を取り除き、満足できる仕上がりを目指しています。

鼻孔縁形成の整形手術は、小鼻の縁が上向きや下向き加減であるために、鼻の穴が目立つ人に効果的な整形手術です。上向き加減の場合は、耳の軟骨などを移植する手術を行います。そして、下向き加減の場合は、皮膚を切除する手術が行われます。何れにしても、医師のセンスと技術が必要になります。

鼻孔縁形成手術のトラブルや失敗として想定されるものには、感染する、移植した皮膚が生着しない、鼻孔縁が硬くなる、左右の鼻の穴がアンバランスになるなどがあります。失敗やトラブルを避けるためにも、評判が良く、専門知識と豊富な経験を持つ医師を選ぶことが大切です。

鼻孔縁形成の整形手術は、移植手術も行うため、値段は高くなります。安いクリニックは医師が未熟であったり、カウンセリングが短い、アフターフォローがないなどの問題が考えられるので、注意が必要です。日本の美容医療の先駆けとなるクリニックとして、最高水準の美容医療を提供している名医をオススメいたします。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*