鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻孔縁下降術のデメリット3つの解説

鼻孔縁下降術と言うのは鼻が上向きではないのに鼻の穴が顔を真正面から見た時に目立ってしまう人等にも効果が期待できる手術方法です。

ただ非常に魅力的な方法に見えるかもしれませんが、その手術にも勿論デメリットは存在しています。

では一体鼻孔縁下降術にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

鼻孔縁下降術のデメリット

費用でクリニックを選ばない

まず一つは、あまりにも費用が安い所で行うと仕上がりが美しくない可能性があると言う事です。

鼻と言うのはその人の印象を大きく左右するもので、サイズや形には充分配慮して手術を行わなければいけません。

その為医師の技術によっては鼻孔縁下降術をしたにも関わらずまだ鼻の穴が見えると言う事だけでなく、仕上がりが汚い、形が左右対称ではないと言う事になってしまう場合もあるので注意しましょう。

出来るだけ美しく仕上げたいと思ったら、費用だけで病院を決めてしまうのではなくしっかりと手術に対する説明をしてくれる所、さらにアフターケアもしっかりとしている所を選ぶ事が重要です。

もう一つは鼻孔縁下降術をしたからといっていつまでも美しい鼻になる訳ではないと言う事です。

その一つが傷跡です。

確かに鼻孔縁下降術によって鼻の形は美しくなったとしても、手術に伴う傷跡が残ってしまう場合もあるので十分気を付けましょう。

特に切開したり縫合したりという事を行うと、どうしても鼻に傷が残ってしまう事は少なくありません。

どんなデメリットがあるのかきちんと把握

鼻孔縁下降術を行う場合はこのようなデメリットがあると言う事も十分理解しておく必要があります。

従って病院選びをする場合も丁寧な説明を琥なってくれるか、この手術に伴うメリット・デメリットを説明してくれるかどうかと言う事もしっかりとチェックしておかなければいけません。

分からない点は質問をする事、またその時の対応は真摯に行って貰えるかどうかなどもしっかりと見極める事が重要です。

そうする事によって鼻孔縁下降術によって起こりうるデメリットを最小限に抑える事は決して不可能ではありません。

『整形の落とし穴』デメリットもある鼻孔縁下降術の失敗例:軟骨の吸収

「軟骨の吸収」デメリットについて。

鼻孔縁下降術を受けると、軟骨の吸収が起こるデメリットがあります。この施術では、自分の耳にある軟骨の一部を使用するのですが、医師が未熟できちんと軟骨を固定しないことで吸収が生じます。

軟骨の吸収が起きた場合、鼻の整形箇所が変形したり、後戻りする可能性があります。そのため、この症状が出たら、再手術が必要になります。体への負担が大きくなるので、ちゃんとした施術を行える医師を見つける必要があります。

「効果が無い」デメリットについて

鼻孔縁下降術を受けた場合、効果が無いというデメリットがあります。これは、医師の経験が不足していることが主な原因です。

そもそも各患者によって、鼻の形、脂肪のつき方などは異なるものです。したがって、それぞれに症状を改善することができる手術は異なります。効果がないという事は、医師が患者にとって最適な手術ができなかったという事になります。よって、確実に効果を得るには医師選びを慎重に行う事が肝心です。

「感染」が起こるデメリットについて

鼻孔縁下降術では、患部が感染すると言うリスクがあります。この症状の原因は、手術を行う部屋の衛生管理がきちんとなされていないことによります。また、医師の処置が正しく行われなった場合、傷跡から雑菌が入って症状が起こるケースもあります。

一度、感染してしまうと、傷口がきれいに治らず、患部に跡が残りやすくなります。また、炎症が起こり、強い痛みを感じます。なので、施術の実績が豊富な医師に任せる事が大事です。

信頼できる名医を見つける事がおすすめ

鼻孔縁下降術とは、鼻孔部分に耳から採取した軟骨を挿入して、上向きの鼻孔を下向きに修正していく美容整形です。

鼻の穴を目立たなくできるので、ブタ鼻の症状で悩んでいる方に最適な手術といえます。ただ施術の経験が浅い医師に任せると、リスクが起こる可能性が高まります。

確実に安全に施術を受けるには、経験豊富な医師に任せる事がポイントです。 当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*