鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻骨骨切りのメリットと専門的な病院選びのポイント

美容整形は、様々な部位を対象として施術が行われますが、中でも鼻に関して行われることは広く知られています。施術の種類としては、その希望によって様々な方法が用いられますがその中の1つに鼻骨骨切りがあり、この場合には鼻の中間部分の横幅を狭めるために用いられています。かつては、鼻の整形に関しては骨自体を削ることも行なわれていましたが、鼻骨は非常に薄いために現在ではほとんど行われることはなく、そのかわりに鼻骨骨切りをすることで対処がなされています。鼻骨骨切りの方法としては、外側からの切開による方法と内側からの行う方法とがあり、ノミやノコギリを使用することによって根本的に問題を解決することができるようになっています。

鼻骨骨切りのメリット

手術方法

幅広い鼻が目立ってしまっていることが気になる場合に、鼻骨骨切りを行うことで理想の形に近づけることがあります。鼻が目立つと目や口などほかのパーツとのバランスも悪く見えるため、整えることで印象にも変化があらわれてきます。鼻骨骨切りによる施術が行えるクリニックは限りがありますので、形成外科の技術を習得している技術が高い名医を選択するようにしてください。

切開は鼻の穴の中を主に切り開きますが、場合によっては外側の鼻筋にも数ミリ切りこみを入れて外側骨切りを行うことがあります。デザインを考えて骨を切っていくことが最も重要で、曲がっていたり幅広になっている鼻の土台部分の骨を切って形を作り直して行きます。左右の鼻骨を骨切りして中央に寄せることで幅を狭くすることができて、部分的に曲がっている場合には削ることもあります。

術後はギプス等による固定を行わないと、中央に寄せた骨の位置がずれて広がってしまうことがあるため2週間ほど装着が必要です。一度落ち着けば固定を外してもずれにくくなります。

場合によっては入院が必要

鼻骨骨切りの手術では、他の軽微な内容とは異なり、場合によっては入院が必要となる場合があります。通常、手術直後には圧迫固定がされることになり、ここではギブス固定の期間として約1週間前後が必要となります。そして3日前後には強い腫れがでることになり、数日間にわたっては顔全体にもむくみがでることになります。内出血や痛みが出ることにもなりますが2週間程度で収まることが多く、ダウンタイム中に痛みがあるような場合には医師へ相談してから痛み止めとして鎮痛剤の処方を受けるようにします。鼻骨骨切りが伴う整形の場合には、完治期間としては約1カ月程度で完成型に近い状態となり、3ヵ月程度では約9割がたの完成となります。

メリットについて

鼻の整形に関しては内容によっても対処される方法が違ってきますが、手術を受けた後においてもあまり良い印象が得られない場合には鼻の中央部の横幅が広くなっている可能性があります。このような場合には鼻骨骨切りによる方法が適した改善法となり、根本的に治すことができるために、正面から見た場合においてもきれいに整えることができるメリットがあります。他の方法となる、例えばプロテーゼの挿入などでも細く見せることは可能となりますが、鼻骨骨切り場合にはより高い効果を得ることができるようになります。

専門的な病院選び

鼻骨骨切りは安いクリニックで540,000円ぐらいの値段で行われていて、狭めるだけでなく曲がりの修正などが必要な時には値段が変化して行きます。きれいに骨切りしないと中央に寄せることができませんし、不要な部分は取り除いて再構築して骨を戻さないと、幅が広いままで変化が感じられない失敗があります。経験が浅い医師が行うと、鼻のサイズがほかの顔のパーツとのバランスが悪くなってしまったり、鼻筋が曲がってしまう、正面からは良くても横から見たときにデザインが崩れているといった失敗もありますから、優れた医師に担当して行ってもらうことがリスクを避けることにつながります。

幅広い鼻を狭くすることで鼻の部分にたるみが起きることもあるため、総合的な対処とアフターケアをしてもらうことが不可欠です。鼻骨骨切りに対する評判が高いクリニックであれば、適切な骨切りが行われて、満足度が高い仕上がりにしてもらうことができます。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*