鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻骨骨切りの名医選びの2つの重要項目

鼻骨骨切り手術は、以前は鼻骨の薄い部分を削るという治療方法でしたが非常に薄い部分を削ることで人体への影響があるとされ、最近では鼻の外側からの切開や内側の切開などを組み合わせた切開法が一般的になっています。

特に鼻が横に広く低いことにコンプレックスを持ってる方、事故や骨折などによる傾斜部分の突起修正、鷲鼻、また以前に代表的な鼻尖縮小・鼻中隔延長・鼻尖形成などの鼻の整形手術を経験済みの方で術後に「鼻の筋がすっきりしない」といった理由から修正目的として鼻骨骨切り手術を行う方が多いです。鼻骨骨切りの特徴は、シリコン挿入・プロてテーゼ挿入の仕上がりのような鼻筋が細くすっきりとした印象が強調される仕上がりと比べ、切開法のより鼻の内部と外部から形成自体を変えることが出来るのでより自然なスッキリとした知的なおお立ちに仕上がるのが魅力の一つとされています。

鼻骨骨切りの名医

鼻骨骨切りを行う際の注意点

鼻骨骨切りを行う際の注意点としては、ノミやのこぎりを使用して切除する方法や、鼻の傾斜を気になされる方は鼻の上外側の軟骨や鼻中隔を切開したり、見た目の仕上がりからも鼻内部から6~8mmといったごく薄い面積を残すといった高度な技術を要する手術方法であるため、痛みや内出血などが起こりうるリスクを踏まえることが大切です。

またこのような手術なようからも分かる通り、非常に難易度の高い手術方法なので限られた医師である現状を踏まえ、実績・手術経験の豊富さ・知識はもちろんのことアフターケアなどを含めてしっかり信頼関係が築けるかどうか、鼻骨骨切りを専門分野としているかどうか、学会研究などの技術向上やスキルの構築が伴っているかどうかという視点からも腕の良い名医を見極めて選ぶことが非常に重要です。

最低限は形成外科医を選ぶこともポイントですが腕の違いで、仕上がりが自然な鼻筋ではなく一直線上の人工的な仕上がりになってしまったり、変形といった仕上がりの良しあしにもつながるだけではなく、皮膚のしびれなどの表面的な違和感にもつながるのできちんとリスクを理解したうえで名医選びに慎重になる事がとても重要です。

鼻骨骨切りの名医

鼻骨骨切りをするならどこが良い?評判が良いクリニックはココ!

鼻が大きくて目立っている人や鼻筋の中央部分が張っている人など、鼻が大きいことで悩んでいる人に注目されている鼻骨骨霧は、大きな鼻を小さくする施術です。左右の鼻骨を切って、中央に寄せることで、すっきりとした鼻筋になり、美人度がアップします。鼻は、顔の中央部分にあるので、目立ちやすく、気にしている人も多いので、鼻の内部から施術を行い、傷跡が目立たない鼻骨骨切りは、人気がある施術です。

鼻の整形を行っている美容外科やクリニック全般で行うことができる場合が多いので、カウンセリングを受けて、鼻を診てもらいながら、ドクターに直接相談してみることがおすすめです。鼻は、顔の中でも目と同じくらい印象を左右する大切なパーツなので、仕上がりの自然さがとても大切です。しっかりていねいにカウンセリングをしてくれるドクターを選ぶことが、納得できる鼻筋になるために大切です。

鼻が大きくて目立つ人や鼻筋が太くどっしりした鼻の人におすすめなのが鼻骨骨切りです。鼻骨骨切りは、大きな鼻をシャープですっきりとした印象の鼻にすることができるので、顔全体のバランスが整い、鼻先を高くしたときにも、ラインがきれいになると好評の施術です。鼻の幅を縮める方法はいくつかありますが、鼻の骨が大きいことが原因の場合には骨切りを行います。鼻の幅が広い原因をしっかり見極めることができる、経験豊富で評判の良いドクターに診てもらうことが、失敗を防ぐためのポイントです。

鼻骨骨切りの施術を受けた場合、安いクリニックでの値段は50万円ほどからあります。左右の鼻骨を切って中央に寄せる施術を行った後は、1週間ほど、鼻筋を固定することが必要で、ダウンタイムは1~2週間ほどです。鼻骨鼻切は、鼻の中から手術をすることができるので、傷跡が目立たず、周囲にばれる心配がないことが特徴で、効果は半永久的に続きます。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*