鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻骨幅寄せの失敗

鼻は顔の中心にあるため、なにかとコンプレックスになりやすい部位ですが、そうしたコンプレックの一つに鼻筋が太すぎて鼻が大きく見えてしまうというものがあります。
こうしたコンプレックスを解消するためにおすすめの美容施術が鼻骨幅寄せです。
鼻骨幅寄せは、鼻の骨を切って中央に寄せることで鼻筋を細く小さくするというもので、およそ30分程度の施術で効果が半永久的に続くという魅力があります。
しかし、鼻骨幅寄せはわずか数ミリ単位の違いが大きく結果を左右する繊細な術式となりますので、医師選びを間違えてしまうと失敗してしまう可能性が高くなります。

鼻骨幅寄せの失敗

鼻骨幅寄せの失敗例

鼻骨幅寄せの代表的な失敗例としては、医師のデザイン上のミスや骨を切断した後のギブス固定のミスから鼻が曲がってしまったり、段差が出来てしまうなどです。
また基本的にこの手術は鼻の内側からのアプローチになるため、傷痕は目立ちにくいのですが、医師の技術力が低かったり、使われる術式によっては傷跡が残ってしまうようなこともあります。
その他考えられるものとして後遺症が残る場合があります。
例えば、鼻筋を細くするため、これまでよりも呼吸がしづらくなるということや術部が上顎に近いため、歯のかみ合わせが変化してしまうことなどが挙げられます。
いずれにしても、見た目にも気になる失敗や日常生活に支障が出るような後遺症であれば修正手術が必要となります。

鼻骨幅寄せに失敗、「鼻が細すぎる」状態に後悔…。

鼻骨幅寄せの手術の失敗例として、仕上がりの鼻が細すぎるというものがあります。
これは鼻の骨切りをし過ぎてしまったり、中央に寄せ過ぎてしまうことが原因です。
カウンセリング時に仕上がりのイメージをきちんと伝えていなかったり、医師と仕上がりのイメージが共有できていないと、このような仕上がりのトラブルが起きてしまいます。
仕上がりの鼻が細すぎてしまった場合には、他の手術での修正が必要となります。

手術による傷跡が目立つ

鼻骨幅寄せは鼻筋を補足することのできる美容整形手術です。
鼻骨を切り、中央に寄せて固定することで鼻筋をすっきりとした状態に作り上げます。
この手術では、元の症状や希望する仕上がりによって、切開する部分を鼻の内側か外側かを決めていきます。
外側の切開の場合には、大きな変化を期待することが出来ますが、手術による傷跡が目立つというリスクが伴います。
医師の技術力や知識によって仕上がりが変わる手術です。

仕上がりが鼻曲がりになる

鼻骨幅寄せのリスクとして、仕上がりの状態が鼻曲がりになるというものがあります。
この原因として考えられることは、医師の技術力が不足していたということです。
この手術は、鼻骨を骨切りして中央に寄せてギブスで固定して形を整えていきます。
この固定する際に、きちんとバランスを見てまっすぐになるように作り上げていないと、仕上がりが曲がってしまうというトラブルが起きてしまうので、注意が必要です。

鼻骨幅寄せの失敗

トラブルを回避するおすすめ方法

鼻骨幅寄せだけでなく、美容整形手術にはトラブルが起こりやすいです。
このようなトラブルを少しでも回避するためのおすすめの方法として、医師やクリニック選びを慎重jに行うというものがあります。
医師にも得意分野があり、得意分野であれば最新の技術や豊富な知識などを持ち合わせています。
手術の実績も豊富なので、手術が早くきれいに行うことができます。
事前に医師やクリニックを調べることが大切です。

きちんと鼻の美容施術の名医を探す

鼻骨幅寄せの場合、修正にはプロテーゼなどを使って高さや形の調整を行うことが主となります。
手術を受けた病院のアフターケアがしっかりしていれば、基本的には修正手術にかかる費用は無料となりますが、そうでない場合、新たに料金が発生する可能性も否定できません。
また一度失敗したような病院では気持ちの面だけではなく医師の技術の面でも信頼して任せることが出来ないということもあるはずです。
特に修正手術は一般的な美容施術よりも難易度が高くなるため、焦らずにきちんと鼻の美容施術の名医を探して依頼をするようにしましょう。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*