鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻骨幅寄せのデメリット3つのまとめ

すっきりした綺麗な鼻筋を手に入れたい。女性なら誰でもそう思うものです。鼻骨幅寄せで美しい鼻筋を手に入れれば、みんなが羨望のまなざしで見る、美しい鼻筋の綺麗な女性に変わることができます。

鼻骨幅寄せは決して安いものではありませんが、術後は、鼻筋の通った美しい顔立ちの女性に生まれ変わることが可能ですので、決して高いものではありません。

鼻骨幅寄せは分割払いも可能ですし、料金の面は心配することもないと思います。

術後は、鼻筋の通った綺麗な女性に生まれ変われるので、鏡を見ても、自分の顔にうっとりできるようになるはずです。

いままでは着れなかった高級ブランドも着れるようになり、男性にも、いままでとは違い、羨望の眼差しで見られ、お姫様のように扱われることも可能です。

鼻骨幅寄せのデメリット

ダウンタイムについて

鼻骨幅寄せにはダウンタイムがあるのがデメリットですが、ダウンタイムの間を安静にしていれば、1ヶ月後ぐらいには、鼻筋の通った綺麗な顔立ちの女性に生まれ変わっています。

鼻骨幅寄せを一度施術すれば、半永久的に鼻筋の通った綺麗な顔立ちが手に入ります。

鼻の広がった状態では、メイクをしても気乗りはしません。鼻筋の通った美しい顔立ちに変われば、自分にも男性にも自信が持てるようになってきて、男性にも気軽に話しかけることが可能になってくるものです。

いまのままで生きていくか、鼻筋の通った綺麗な美しい顔を手に入れて生きていくか、どちらが自分のためにいいことかを考えて、自分の気持ちを正直にクリニックの先生に相談してみてください。

デメリットについて

つづいてデメリットをまとめます。

デメリットに危機感を持って!鼻骨幅寄せには傷跡が目立つ恐れがある

「傷跡が目立つ」デメリットについて。

鼻骨幅寄せを受けると、傷跡が目立つデメリットがあります。そもそも鼻骨を切って中央に寄せて固定することで、大きな鼻をすっきりとした状態に仕上げる施術です。

この時、鼻の外側から切開すると大きな変化を期待できますが、傷跡が残るリスクが伴うのです。特に医師の技術力、知識が不足していると、傷跡が目立つリスクが高まります。そのため、必ず施術実績が豊富な医師にお願いする事が大事です。

「鼻曲がり」デメリットについて

鼻骨幅寄せを受けると、鼻曲がりが起こるデメリットがあります。これは、主に医師の技術力が不足している事が要因です。

この手術では、鼻骨を骨切りして中央に寄せてギブスで固定をすることで、美しい形に整えていきます。ただ固定する際に、鼻の全体的なバランスを考慮してまっすぐにしておかないと、鼻曲がりが起こりやすくなります。そのため、施術を任せる医師は経験が豊富で、信頼できる人にお願いしたほうが良いです。

「鼻が細すぎる」デメリットについて

鼻骨幅寄せを受けると、鼻が細すぎるというリスクが伴います。これは、医師が未熟なために鼻の骨切りをし過ぎたり、中央に寄せ過ぎてしまうことが原因と考えられます。

鼻筋が細くなりすぎた場合、再手術で鼻骨をカットして広げることで、ある程度、元に戻すことは可能です。
さらに、プロテーゼ挿入、ヒアルロン酸注入などでも元に戻せます。ただ再手術は時間がかかるので、最初から安心して任せられる医師に治療をお願いする必要があります。

施術を成功させるには信頼できる医師に任せる事がおすすめ

鼻骨幅寄せは、鼻筋の余分な骨を削って寄せることで、美しい鼻筋の通った仕上がりにする事ができます。そのため、鼻が大きいというコンプレックスを持っている方に、大変支持されている美容整形です。ただ鼻骨幅寄せはとても難しい施術なので、医師の技術が必要となります。

失敗すると、見た目が不自然な鼻筋になってしまいます。そこで、当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングはおすすめ

大事なのは、いままでとは違う人生を歩もうとする強い意思です。これまでの人生とは違い、男性にも女性にも憧れられる存在になることも可能です。

一度、無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。鼻骨幅寄せで鼻筋を綺麗にすることで、職場での自分を見る目も確実に変わります。

新しい顔と、新しい自分を手に入れて、新しい人生を歩むかを決めるのは自分次第です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*