鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻柱下降術のデメリット3つをまとめてみた

まず鼻柱とは、鼻の中心のラインの事を指します。

そしてこの鼻柱の位置を今よりも下へと下げる事で唇へと近づける事により、鼻全体を理想的な美しさに見せる為の手術の事を鼻柱下降術と呼びます。

別名では鼻中隔延長術の名称でも呼ばれています。

鼻の理想的なバランスとしては、鼻柱が両方の小鼻よりも下に位置している場合だと言われています。イメージとしては、下向きの矢印の様な状態です。

これが仮に鼻柱が両方の小鼻よりも上に位置している場合には、実際よりも小鼻が大きく見える印象を与えてしまったり、鼻自体が丸く見えてしまうといった印象を与えてしまいます。

その為にも、鼻柱の位置は重要であり、これにより鼻全体の印象が大きく変わると言えます。

鼻柱下降術のデメリット

付随した手術も一緒に行う

一般的には、鼻柱下降術を行う際には、それに付随した手術も一緒に行う事になります。

この鼻柱下降術は鼻のバランスを整える事を目的に行われる手術なので、その他の鼻の部分の手術も同時に行った方が効率的でありバランスを作りやすいからであると言えます。

鼻柱下降術を行う際には、プロテーゼを使用するか、自身の体から軟骨を取り出してそれを使用し、鼻の高さの調節を行います。この場合には、鼻の内側を切開してそれらを入れる事となる為に、切開の為に残ってしまう傷跡などは残りません。

デメリットについて

しかしそんな鼻柱下降術であってもデメリットはあります。
まずプロテーゼを使用する場合には、その手術環境などによっては感染症を引き起こすといった可能性が出てくると言えます。

また、自身の軟骨を使用する場合には、軟骨を取り出す際に切開を行う必要がある為に、どうしてもその傷跡が残ってしまうといった点も挙げられます。

また比較的、修正依頼が多く出される手術としても知られています。これは手術自体が失敗してしまったという理由よりも、希望していた位置に鼻柱が移動出来ていなかったといった理想とのギャップにより生じるものである場合が多いと言えます。

鼻柱の位置は1ミリ違うだけでもその印象が変わってしまう為、必要以上の修正を避ける為にも充分なカウンセリングを行ってから手術に臨む事が必要になると言えます。

美容整形ウソ・ホント<鼻柱下降術>が原因で鼻づまり!?整形のデメリット

「鼻づまり」デメリットについて。

鼻柱下降術を受けると、鼻づまりが起こるリスクがあります。そもそもこの手術では、皮膚を切開して軟骨を挿入することで、鼻のラインを整えていきます。ただ医師の経験が乏しい場合、適切な処置が行われず、患部の腫れがひどくなります。そのため、鼻づまりが起こってしまうのです。

症状が起きても、多くの場合は徐々に軽減されていきます。しかし、重篤な場合、軽減されずに悪化してしまうこともあります。なので、実績のある医師に施術を任せる事が大事です。

「鼻の穴が目立つ」デメリットについて

鼻柱下降術を受けると、施術後に鼻の穴が目立つというデメリットがあります。これは、主に施術を担当した医師の技術力が不足していたために起こります。

医師の施術経験が少ないと、患者の希望していたデザイン通りに仕上げられないケースが多いです。鼻の穴が目立つのも、完全に医師の経験不足にようrものです。
術後のトラブルを回避するためには、実績が豊富で技術力が優れた医師を慎重に選ぶ事が大事といえます。

「デザインが不自然」のデメリットについて

鼻柱下降術を受けると、デザインが不自然になるというデメリットがあります。これは、施術の前のカウンセリングで、医師に希望する鼻の仕上がりを正確に伝えられていない場合に起こります。

また、施術では軟骨移植によって鼻の形を整えますが、医師が未熟でちゃんと施術が行われなかった事も原因といえます。
いずれにしても鼻は目立つ部位なので、安心して施術を任せられる名医に依頼する事が肝心です。

信頼して施術を任せられる名医を見つけるには

鼻柱下降術とは、鼻柱が引っ込みすぎて鼻の形が綺麗でない人に人気の施術です。軟骨を移植する事で、引っ込んでいる鼻柱を出して美しいラインに仕上げることが可能だからです。鼻に強いコンプレックスを持っている人にとって、心強い整形と言えます。

ただ鼻の整形はとても技術力が必要なので、未熟な医師に任せるとリスクが生じるケースもあります。当相談所で信頼できる名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*