鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻中隔延長術(肋軟骨)のデメリット3つを解説

鼻中隔延長術(肋軟骨)のデメリットをまとめます

鼻中隔延長術(肋軟骨)とは鼻の頭を下向きに高くする美容整形術です。生まれつき鼻が上を向いてしまっている方や鼻が短いことがコンプレックスの方に注目されつつある方法で、自身の耳などの軟骨を使って行うため身体的にも負担が少ないことがメリットとして挙げられています。

しかしその一方鼻中隔延長術(肋軟骨)にはデメリットも存在するので、しっかりと知っておく必要があります。

鼻中隔延長術(肋軟骨)のデメリット

肋軟骨の鼻中隔延長術のデザインに失敗して鼻先の圧迫がある

鼻先の圧迫があるってどういうコト?肋軟骨の鼻中隔延長術のデメリットはどうすれば回避できるのか。

鼻先の皮膚が伸びる限界まで出すことができる肋軟骨の鼻中隔延長術ですが、実際に出しすぎてしまうと鼻先の圧迫につながり、皮膚の下に骨があるのがわかってしまったり、痛みを感じたりすることがあります。

自然な鼻にするためにもデザインが大切で、取り出した軟骨の加工や縫合固定する位置、シミュレーションが重要になります。大きく鼻を出せる術式でも、加減が大切でずれないように固定する技術も必要です。

肋軟骨の鼻中隔延長術の失敗でポリービーク(PollyBeak)の鼻先に

鼻先が上向きであったり長さが短いとき、肋軟骨の鼻中隔延長術を利用して鼻先の向きを整えたり、大きく下向きに出したりするときに適した術式ですが、医師の施術の仕方によっては、オウムのくちばしのように鼻先が丸く盛り上がってしまうポリービーク(PollyBeak)状に変形することがあります。

もともとある鼻中隔軟骨に肋軟骨を縫合固定する際に、慣れていない医師が行うことで起きやすい失敗です。

肋軟骨の鼻中隔延長術の仕上がり後軟骨の吸収で形が変わる

骨は再生と破壊を繰り返していて、不要になった成分は体に吸収され、別な組織に使われたり不要なものは排出されたりしています。自己組織を使った施術ではうまく定着しなかったときに吸収されることが起きやすく、うまく定着して固定されなければ軟骨の吸収により鼻先の形が変わってしまうことがあります。

医師の技術が未熟だとうまく施術できずに失敗につながることがあるため、移植手術に慣れている医師を選ぶ必要があります。

アフターケアもしっかりとしてくれる医師を選ぶ

例えば鼻の軟骨が変形するため、手術前よりも呼吸がしづらくなることが考えられます。また手術後の痛みが他の美容整形法よりも比較的長く続くことが言われており、場合によっては病院から鎮痛剤が処方されることがあります。

さらに個人差はありますが手術後5~6日間ほどギブスで鼻を固定する必要があります。

またギブスが取れた後も抜糸ができますが、強い腫れが続くことがあるので日常生活に支障をきたす人も中にはいるようです。

その他、鼻中隔延長術(肋軟骨)では自身の身体の別の部分から軟骨などを取ってきて施術を行うことになるのでどうしても費用が高くなることがあります。

そのような高度な技術を必要とする手術である分、医師の選択も非常に重要な決め手となります。

費用だけを見て安いからと言って施術を依頼するとはれや痛みがひどかったり仕上がりが予想とは全く異なるものになってしまう可能性があります。

多少費用が高くても術後のアフターケアもしっかりとしてくれる医師を選ぶことをおすすめします。

事前にしっかりと医師と相談

以上のような鼻中隔延長術(肋軟骨)のデメリットやリスクを考慮したうえでどのような医院にかかるか、どのように施術してもらうかを決めることが大切です。

また鼻中隔延長術(肋軟骨)には様々な方法があり比較的自由度が高い美容整形法ともされていますので、事前にしっかりと医師と相談し、自身のどの部分を鼻の整形に使用するのか、術後どのくらいの期間で日常生活に戻りたいのかなど自身の希望を確実に伝えることが必要です。

おすすめのクリニックで鼻の悩みを解消する</h4

鼻先を大きく下げきれいに整えたいときに、肋軟骨の鼻中隔延長術が優れていますが、鼻先の皮膚の伸び方には限界があるため正確な軟骨操作が求められます。

傷跡を目立たせないように鼻の穴の中からアプローチする術式を選択する場合、視野の狭さから難しい手術になるため、実績がある医師が行わないとリスクが高まりますからクリニック選びは肝心です。

当相談所では、おすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、鼻先を整えたい方はお気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*