鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の修正で気を付けるべき4つ

鼻の形を整える美容整形にはさまざまな方法がありますが、一般的に行われているのが鼻中隔延長術です。鼻中隔延長術は鼻の中央にある軟骨である鼻中隔の上や横に軟骨や人工物を移植することによって高さを増したり、鼻の形を整えるというものです。鼻中隔延長術を行うことで、鼻が上向いているのを修正したり、低い鼻を高くしたりすることができます。また鼻を延長することで正面から見て鼻の穴を見えにくくするといった効果を得られます。いずれにしても形を整えるという面では医師の技量によって左右されます。
一方で鼻中隔延長術でポイントとなるのが、鼻中隔に移植するための物質です。

一般的には自身の軟骨を利用することになり、その対象となるのが、耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨、保存軟骨の4種類です。軟骨が採取できない場合には豚の軟骨を利用したり、シリコン樹脂など人工物を挿入するケースもありますが、自身の軟骨と異なり定着率が悪いといったデメリットがあります。

鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の修正

メリット及びダウンタイムについて

鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の場合には、長期保存出来るように薬品処理された人間の軟骨を移植するというものです。鼻中隔延長術(保存軟骨移植)のメリットとしては人間の軟骨であるため、豚の軟骨やシリコン樹脂などの人工物に比べて安全という点です。また自身の軟骨が採取できない場合でも、手術を行うことができるメリットがあります。定着率に関しては自身の軟骨に比べると低いとされます。

また鼻中隔延長術(保存軟骨移植)では、軟骨が他の組織に吸収される場合があります。上手く吸収されれば問題ありませんが、鼻の形が変わってしまった場合には強い癒着となるため、修正のためには手術を行う必要があります。また鼻先が硬くなるケースもあります。

鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の料金相場としては70万円前後です。施術そのものは1時間程度ですが、ダウンタイムの期間は通常の鼻中隔延長術と同じで2週間前後になります。

鼻中隔延長術(保存軟骨移植)の修正

保存軟骨移植の鼻中隔延長術の評判が良いクリニックはココ!

高い鼻を求める人は年々増え続けているようで、需要に合わせて様々な美容整形技術も向上しています。

施術の一つとして、鼻中隔延長術というものがあり鼻に柔らかい骨(軟骨)を挿入し、鼻の高さ・長さ・形を調整する技術です。使用する軟骨としては主に耳の軟骨、肋骨にある軟骨、鼻中隔軟骨、保存軟骨とあります。ほとんどが施術を希望する本人の体の一部にある軟骨を取り除き、移植するものですが、「保存軟骨」とは、豚の軟骨または他人の軟骨を長期保存したものを使用します。自分の体の別の部分を傷つける事なくでき、人気ですがもちろん高い技術が必要になります。

この保存軟骨を使用して鼻中隔延長術を行っている大阪で評判高い美容外科・クリニックを紹介しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

症例の多い名医が施術をおこなっている事で評判は高いクリニックの特徴を以下にまとめましたので参考にしてください。

ドイツ製の保存軟骨

保存軟骨移植の鼻中隔延長術で有名なクリニックでは、他人の胸の軟骨を薬品で処理したドイツ製の保存軟骨を使用しています。医学のトップドイツ製であり、しっかりとした薬品処理が施されていますので移植による感染の心配はありません。本人の軟骨が小さすぎて使えない場合には、この保存軟骨移植を進めています。

移植用のブタの保存軟骨

あるいは、材料費用が安い病院で使われているクリニックでは保存軟骨移植の鼻中隔延長術を行う場合、全臨床試験をクリアした移植用のブタの軟骨を使用しています。良質の豚は人への移植にも相性が良い事は証明されており、自分の体から取り出した軟骨よりも的確に鼻中隔延長を行う事ができ、石灰化等も少ないことから、この保存軟骨を進めています。

両方評判は高く利点はたくさんありますが、値段の安い方を選びたい方、技術重視で選びたい方など、自分の美容整形ですので失敗の無いように慎重に選ぶことをおすすめします。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*