鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

鼻柱挙上術のデメリット3つのまとめ

女性の中には、出来るだけ美しい自分で居たいという気持ちが強い人は多いものです。

ですが顔というのは生れ付きの要素であり、何もしなくても美人に生まれる人もいれば、お手入れ等の努力だけではどうにもならない程にいまいちな顔で生まれてしまう人もいます。

ですが最近では、そういった人でも整形手術を受ける事により、自分が理想とする顔に変身する事が可能です。

そして美しい自分を目指す人が、コンプレックスを抱き易い部位の一つが鼻です。

鼻は顔の中心と言える場所に存在するので、人目に付き易い分、形が悪いと気になってしまいます。

特に鼻柱が下がり過ぎている場合は、鼻の穴も大きくなり、目立ってしまうものです。

なので目立つ鼻の穴を何とかしたいなら、美容クリニックで鼻柱挙上術を受ける事をおすすめします。

鼻柱挙上術のデメリット

鼻の穴の大きさにコンプレックスがある人におすすめ

というのも鼻柱挙上術は、下がった状態の鼻柱を拳上する事により、鼻の穴の広がりを抑え、小さくする事が出来るのです。

そのため、鼻の穴の大きさにコンプレックスがある人には、おすすめの術式となっています。ただしそれは、腕の良い医師が鼻柱挙上術を行った際の話です。

腕のない医師による鼻柱挙上術を受けた場合には、仕上がりの状態が悪いといったトラブルが生じてしまう危険性があるので注意が必要だったりします。

そういった形で具体的に生じるデメリットとしては、鼻の形が崩れて歪な状態になる事です。鼻の形を整えるために行ったのに、逆に形が悪くなってしまいます。

同様に鼻が左右非対称になってしまい、片方の鼻の穴は小さくなったのに、もう片方は大きいままで、余計に目立つといったトラブルも起きる危険性があるのです。

美容クリニック選びは慎重に

そんな風に鼻柱挙上術に失敗した際は、大きなデメリットが生じるので、失敗しない様に美容クリニック選びは慎重に行う必要があります。

具体的な選び方としては、過去に鼻柱挙上術を数多く行った実績のあるクリニックをまずは探し出す事です。

その上で、ネット上の口コミサイト等をチェックし、実際の手術経験者からの評判の高い、クリニックを選び出す様にするのです。

鼻柱挙上術前にチェックしたいデメリット!デザインが不自然になるのを事前に防ぐには?

仕上がりが不自然な状態になる事もある。

鼻柱挙上術では、施術方法も色々とあり医師の得意とする技術も様々です。場合によっては思わぬ失敗も起こり得る事を、頭に入れておく必要があります。

医師の技術力によっては、仕上がりに大きく影響を及ぼしオウムのくちばしの様な鼻先や鼻の穴が目立つ事もあります。余りにもデザインが不自然で異様な姿になってしまう場合もあります。修正するには、精神面も肉体面にも大きなダメージがあります。

元の鼻の状態より悪くなる事もある

鼻柱挙上術では、鼻柱が下を向いている方の修正には最適な方法と言えます。理想的な鼻の形に近づく事は可能ですが、元々の鼻の状態によっては効果を実感できなかったり団子鼻になる可能性があります。

技術力の低い医師に任せるとこの様に起こる事もありますが、施術前に仕上がりのイメージをしっかりと伝えておくのも重量なポイントとなります。知識や経験が豊富な医師であれば的確なアドバイスも行ってくれます。

術後の後遺症に苦労する事もある

鼻柱挙上術では鼻の穴の入り口付近の皮膚を切り行いますが、更に挙上が必要になる場合には内側脚と軟部組織を鼻中隔下端に縫い合わせる事で修正を行います。

非常に難易度が髙い施術方法のひとつで、経験と技術力が伴わなければ失敗する確率が高い方法です。場合によっては、鼻の中に異物感が残る事がありそれが原因で鼻づまりの症状がでるケースもあります。クオリティーの高い医師を選択する事が重要となります。

こちらの相談所を活用するのがおすすめ

鼻柱挙上術後をはじめとする美容整形は、医師の技術力や経験・知識によって仕上がり状態に大きく左右されます。時には失敗が起きて修正するには再手術が必要になる可能性もあります。美容整形は精神面にも肉体面でも大きな負担となります。

よりクオリティーの高い医師やクリニック選びが重要で、美容整形相談所を利用する事によって名医や信頼と実績のあるクリニックを紹介してもらう事が可能です。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*