鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

I型プロテーゼの失敗3つと修正手術をご紹介

I型プロテーゼの失敗は、鼻の美容整形に対して、知識と技術力が伴わない医師にあたってしまうと起こる可能性はあります。

半永久的な美しい鼻を手に入れたかったのに、失敗をされては元も子もありません。

I型プロテーゼの失敗であるのは、鼻背皮膚がなめらかさのない、デコボコな状態となるケースがあります。

不自然な形になるので、周囲からも美容整形をしたことがバレやすくなりますし、日常生活では周囲の視線が気になって仕方がなくなります。

耳介軟骨での鼻中隔延長術とI型プロテーゼでの隆鼻術を受けたものの、鼻先の見た目が人工的に細くなって尖りすぎで、さらに高すぎるなどのトラブルを抱えるケースもあります。

その場合は鼻中隔延長術修正術と鼻プロテーゼ入れ替え術をすることができますし、希望によって眉間プロテーゼ手術を行うこともできます。

修正でキレイにすることはできますから、まずはこちらの相談所への相談をしましょう。

I型プロテーゼの失敗

上手な医師・クリニックの特徴

I型プロテーゼでの隆鼻術に失敗してしまった場合は、挿入した人工シリコンを一旦取り出すという修正手術を受ける必要が出てきます。

修正手術は人工シリコンを抜去した後、新しい人工シリコンを埋入して形を整える方法や、ヒアルロン酸・レディエッセといった注入系のプチ整形で鼻の形を整える方法が一般的です。

場合によっては、抜去して元の鼻に戻すケースもあります。

もし、I型プロテーゼでの隆鼻術を受けて失敗してしまうと再度、鼻の手術を受けなければいけません。

ですので、施術を受ける場合はI型プロテーゼを使った隆鼻術の上手な医師を、探すという事が失敗のリスクを下げる為には必要です。

人工シリコンを使った隆鼻術だけでなく、ヒアルロン酸注入など他の隆鼻術にも精通している医師であれば、美容整形自体の技術・知識が高いので安心して施術を受けられます。

また、カウンセリングに力を入れているかどうかも、失敗のリスクを避けるには欠かせないチェックポイントです。

カウンセリング不足だと挿入する人工シリコンの高さなどが合わず、患者がイメージする仕上がりにならないケースも少なくありません。

患者1人1人の希望をしっかりと聞き取り、的確な施術を行ってくれる医師を選ぶと、デザインで失敗する事は無いでしょう。

なぜなら3Dカウンセリングという方法があるからです。

鼻整形の名医-失敗と効果

失敗例・トラブルについて

I型プロテーゼの失敗として、昔からよくあるのが、怖い話ですがプロテーゼが飛び出してきてしまうトラブルです。出てくる直前のような、浮き出してきてしまうこともあります。

いずれにせよ見た目は恐怖でしかありませんし、激しい痛みに苦しむことにもなりますから、絶対に避けたいトラブルでもあります。ほかにもトラブルとして、アップノーズになってしまうケースも否めせん。さらには、石灰化が起こるトラブルまでも心配はあることです。

I型プロテーゼでの失敗、鼻筋・鼻先の圧迫とは?

鼻にプロテーゼを挿入した場合、そのサイズや形が適切ではなかった場合、挿入する位置が適切ではなかったという場合には、プロテーゼにより鼻筋・鼻先の圧迫が見られることがあります。

鼻筋・鼻先の圧迫が見られた場合には、それにより見た目が不自然になる場合もありますので、原因となっているプロテーゼを取り除いた上で、適切なプロテーゼの挿入や自己組織を入れるなどの方法を検討するべきであると言えます。

骨吸収による症状とは

I型プロテーゼを鼻に挿入することにより、鼻を高くすることが出来ます。しかし、長年プロテーゼを入れた状態が続くことにより、骨が圧迫され、吸収されてしまう可能性があります。このような状態のことを骨吸収と言います。

骨吸収が起こると、骨の表面が凹んでしまいます。対処法としては、挿入したプロテーゼを取り除き、必要に応じてヒアルロン酸注入を行い、へこんだ部分を目立たないようにしていきます。

プロテーゼがずれる原因とは

I型プロテーゼを正しい方法で正しい位置に挿入した場合、時間の経過とともに固定されていきますので、基本的にプロテーゼがずれるという事はありません。

しかし、手術直後は安定していないということもあり、強い衝撃を受けた場合や適切な方法で手術が行われなかったという場合には、プロテーゼがずれてしまう可能性があります。

プロテーゼがずれるという事があった場合には、医師に相談した上で修正術を受けることになるでしょう。

I型プロテーゼの失敗

I型プロテーゼの修正手術について

I型プロテーゼの修正は、基本的には手術を行った病院で、責任を持ってやり直してしてもらうことになります。

しかし中には、手術を担当したクリニックには不信感を抱いてしまい、もう行きたくはないというケースもあります。

さらには、無責任なところでは取り合ってくれないなどのトラブルもあります。手術を行った病院での修正は無料でも、ほかのクリニックでは有料での修正です。

そこを覚悟しておきましょう。

I型プロテーゼの修正はどのように行われるのか

トラブル例をまとめます。

鼻に高さを出したり形を整える事ができる、I型プロテーゼを使った隆鼻術は人気です。

I型プロテーゼはアルファベットの「I」の形をしている人工軟骨で、鼻に挿入すると鼻筋を通す事が出来ます。

鼻だけでなく顔全体の印象までも、大きく変えるI型プロテーゼでの隆鼻術ですが、場合によっては失敗してしまい修正を余儀なくされるケースもあるので注意が必要です。

I型プロテーゼを使った隆鼻術の失敗例で多いのが、満足の行く仕上がりが得られなかったというケースです。

挿入したI型プロテーゼが低すぎる、逆に高すぎる細い・太いなどデザインに不満があり、修正を希望する方も少なくありません。

また、I型プロテーゼの固定が上手く行われず、ゆがんでしまった場合も見た目が不自然になってしまうので、修正手術を受ける方が多い傾向にあります。

これらの失敗例の他にI型プロテーゼの隆鼻術では、アップノーズになってしまうケースもあります。

アップノーズとは鼻先が上を向いてしまう症状で、鼻の印象が大きく変わってしまう失敗例です。

隆鼻術の中でもメジャーなI型プロテーゼによる隆鼻術ですが、このような失敗例がある事を抑えておいて、施術を受ける必要があります。

修正は専門医で名医を選ぶ

I型プロテーゼは、基本的には治療をしたクリニックで、満足がいくような修正をしてくれます。

失敗をしたのはクリニック側の責任であれば、追加料金はかかることがなく治療をしてくれます。

I型プロテーゼも高度な技術が必要な手術ですから、修正は専門医で名医を選ぶほうが安心でしょう。

世の中には様々なプロフェッショナルがいますが、医師の中には鼻形成のスペシャリストも存在します。

最初からそう言った医師に依頼するといいのですが、修正で依頼をしても高確率で美しく仕上げてくれることになります。

I型プロテーゼは問題なくても、医師の手術に対しての技術力が低いばかりに、仕上がりがよくはないケースがあります。

ほかのクリニックで失敗をしても、しっかりと治してくれる医師は必ず存在します。

プロテーゼを丁寧に入れ替えを丁寧に行い、理想とするような形状に仕上げる医師はさがすといるものです。

もちろん、最初に手術を担当してくれた病院で、医師が最後まで責任を持って担当をしてくれれば、それに越したことはありません。

医師選びが重要

I型プロテーゼは1回で終わらせるように、最初から任せる医師をしっかりと選ぶ必要性はあるでしょう。

現代においては鼻の美容整形としても、I型プロテーゼはポピュラーに選ばれる美容整形となってきました。

I型プロテーゼのいいところは、鼻を高くするにしても、見た目がとてもナチュラルということです。鼻を高くするにしても、不自然に仕上がることはありますが、その見た目に関しては自然さがあるので人気は高いです。

L型は鼻先の圧迫がデメリットとなっていましたが、そのマイナス要素を改善していますので、利用がしやすい形状で多くの鼻の悩みを解消へと導いている人気者でもあります。

プロテーゼですが、素材にも種類がありますので、技術の高い医師を選んで相談して、責任をもった治療をしてもらうことが大事です。

年齢を重ねて高齢となり、皮膚が薄くなった時にも大丈夫かなど、将来的な未来の状態までも、不安がないように質問をするといいです。

I型プロテーゼの修正

名医を探すコツについて

鼻の整形手術を受けるという場合には、名医と呼ばれる医師に依頼するようにしましょう。

まずは、実際に治療を受けたことのある人の口コミなどを参考にし、訪れるクリニックを選んだ上で、いくつかのクリニックのカウンセリングを受けるということが大切です。

カウンセリングを受けることにより、医師やスタッフの対応を知ることが出来ます。

カウンセリングのみであれば、無料で受けることが出来るところも多いようです。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

鼻は顔の中心にあるパーツですので、少し形が変わっただけでも見た目の印象は大きく変わります。

I型プロテーゼでの隆鼻術が成功すれば、希望の顔に近づくでしょう。

逆に失敗してしまった場合は、コンプレックスを解消しようと思って受けたのにも関わらず、余計にコンプレックスが悪化してしまいかねません。

特にI型プロテーゼでの隆鼻術は、ちょっとした変化で見た目が大きく変わる事もあり施術を受ける医師・クリニック選びは慎重に行う必要があります。

ただ、どの医師がI型プロテーゼでの隆鼻術が得意なのか、カウンセリングもしっかり行ってくれるのか、初めて美容整形を受けるという場合は、なかなか判断する事は難しいでしょう。

美容整形はデリケートな問題なので、周りにもなかなか相談する事が出来ません。

もし、医師選び・クリニック選びに悩んでいるのであれば、当相談所にご連絡ください。

I型プロテーゼによる隆鼻術を得意とする医師がいる、おすすめのクリニックをご紹介しています。

インターネット上には情報が溢れてはいるものの、どれが適切な情報なのか1つ1つチェックするのは大変です。

ご気軽にご相談いただければ、当相談所が認める名医をご紹介します。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*