鼻の整形の名医
鼻の整形の名医

I型プロテーゼのメリット、きれいに鼻を高くするポイント

鼻根が低いと鼻も低く見えてしまいがちです。

日本人で鼻にコンプレックスを感じるという場合、低さに悩みを持つ方が大半です。

このような鼻の悩みを解消してくれるのが、美容外科で受けられる美容整形「隆鼻術」です。

隆鼻術を受ける事によって、コンプレックスだった鼻の悩みを解消できます。

I型プロテーゼのメリット

I型プロテーゼを使ったプロテーゼ法が主流

色々な隆鼻術の方法がありますが、鼻を高くしたいという場合、I型プロテーゼを使ったプロテーゼ法が主流です。

I型プロテーゼは文字通り、I字型をしているプロテーゼで鼻に挿入する事によって、鼻根が高くなり鼻筋を通るのが特徴です。
プロテーゼは医療現場で、人工血管にも使われている程、人体には無害なものとなっています。

I型プロテーゼの場合は、鼻先までを高くする事はできませんが、スッと鼻筋が通り鼻が高く見えるようになります。
また、鼻根が高くなると目が大きく見えるといった、効果も期待できるようです。

プロテーゼは体に吸収されてしまう素材では無い為、1度挿入したら効果は半永久的に続きます。

プロテーゼ法にはI型プロテーゼ以外にも、L字型プロテーゼを用いる方法もありますが、現在では多くのクリニックがI型プロテーゼでの手術を推奨しています。

L字型プロテーゼの場合、鼻根だけでなく鼻の先まで高くできる為、鼻の印象を大きく変える事が可能です。
しかし、長年プロテーゼによって負担を受け続けた皮膚は、薄くなってしまいます。

場合によっては皮膚が破れ、プロテーゼが外に出てきてしまうケースがあるようです。

I型プロテーゼの場合、鼻根だけを高くするので皮膚に負担がかかりません。

L字型プロテーゼのようなトラブルが、起こらないという点は大きなメリットと言えるでしょう。

ダウンタイムについて

施術には麻酔が施される為、痛みを感じる事もありません。

麻酔が切れたら痛みを感じるようになりますが、痛み止めで解消できる程の痛みです。

強い腫れや痛みは3日から1週間程度の期間、続くと言われています。

ですが抜糸を行うまでには、ほとんどの方が腫れや痛みも引いているでしょう。

板野友美の鼻になるにはどんな整形方法?

板野友美のように鼻先まで高さを出すためには、プチ整形よりもプロテーゼによる整形を行ったほうが、半永久的に維持を行えて形も崩れにくいので美しさを保ちやすくなります。

板野友美のすっきりとした鼻筋や、顔の綺麗さを引き立てる鼻の高さを出すためには、プチ整形で注入を行うよりもしっかりと形成したほうが、きれいに形を整えることができます。特に鼻先まできれいに整えるためには注入だと、十分にデザインができずに、横に流れて幅を広くしてしまう可能性がでてきますから、プロテーゼを入れることで、目止めの間から鼻先まで高くすることが可能です。

昔は異物を入れたことが分かるような材質のものしかありませんでしたが、今はシリコンプロテーゼがあって、見た目に入れたことがわかりにくいですし、触った感じも本来の鼻のような感触にすることができます。L型を入れてしまうと鼻先に不自然な角ができてしまいがちなので、I型を入れたほうがより自然に見えます。

切開は鼻の穴の中から行うため、目立つ傷跡が残ってしまう心配がなく、強い腫れは3日程度から1週間ほどありますから、外出時などには腫れが引くまでマスクの着用などが必要になります。術後に固定圧迫する必要が出てくる場合もあるので、マスクがあったほうが良いです。

腫れが完全に引くまでは鼻筋がすっきりとした状態に感じない場合がありますが、完成したと言える状態になるまで3ヶ月から半年程度かかることになり、その頃には板野友美のように鼻先まできれいな高さが出て整った鼻筋になります。

手術に慣れていない医師が行うと、プロテーゼを斜めに入れてしまったり、必要な高さがでないなどの失敗につながってしまうことがあるため、これまで実績が十分にある医師にお願いして手術を受ける必要があります。

成功すれば半永久的に効果を持続させることが可能で、何度も注入に来たりするよりも手間がかかりません。当相談所で、きれいな高さを出せる名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

鼻整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
美容整形の失敗について、毎日お問い合わせがあります。一人でも失敗患者を減らすため、当相談所では日本の「失敗しない美容外科医」をご紹介しております。これまで2万人の相談実績があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*